暮らしの中に身近にある食品添加物について

食品添加物とは、食品を製造する際に食品の加工・保存の目的のために、添加や混和する方法で使用するものの総称です。世界各国の中でも、日本は食品添加物に対して厳しい安全基準を設けています。

天然添加物と合成添加物があり、厚生労働省が認めたものだけが使用できるという決まりがあります。

食品添加物の中でも、保存料は食品の腐敗、変質を長期間防ぐことができるため、食中毒や腐敗を防ぐ大きな役割をしています。

暮らしの中に身近に存在している食品添加物の種類

・品質を長く保つ「保存料」「酸化防止剤」「防カビ剤」「日持ち向上剤」「殺菌剤」
・見た目を良くする「着色料」「発色剤」「漂白剤」
・味や香りを良くする「甘味料」「酸味料」「苦味料」「調味料」「香料」
・製造、加工する際に必要な「㏗調整剤」「離型剤」「消泡剤」
・食感や形づくりを良くする「凝固剤」「膨張剤」「かんすい」「乳化剤」「ゲル化剤」「安定剤」
・栄養成分を補う「ビタミン」「カルシウム」

大昔から人間が知恵を絞って塩や燻製などを用いて長期間保存できるように工夫していたのが食品添加物の始まりです。「食品添加物は身体に悪いものだ」と避ける人も多く、個人によって考え方の違いが大きいです。

食品添加物は摂取する量で安全かどうか決まるといわれています。日本の法律で定められている安全基準をクリアしたものが食品添加物に認められるため、人間が一日で普通に摂取する分には問題がない。

だがどんなに身体によいとされているものでも摂取しすぎると毒になってしまうのできちんと気を付けた方がよい。