軽いランドセルよりも重視したい!耐久性や背負いやすさ

小学校に入る子供がいる親にとっては、ランドセル選びは大変なものです。子供の負担にならないように軽い物がいいかなと思っていても、それだけでは十分ではありません。

軽さではなくもっと重視したいポイントについて、紹介しましょう。

荷物を入れれば重たくなるランドセル

ランドセルも軽い素材のものが増えてきて、900gから1000gくらいのタイプもあります。このような軽量タイプなら、重たくならずにすみますね。

ただ、いざ学校へ行く時には、教科書などを詰めて背負って通学しますから、実際にはもっとランドセルは重たくなってしまいます。

学年が上がるほど持ち歩く教科書も増えますから、重たい教科書を入れても耐えられるだけの耐久性のあるランドセルでないといけませんね。

普通タイプのランドセルでも1300g前後ですから、ランドセル自体の重さはそれほど重要視しなくても大丈夫です。

重さよりも耐久性を重視

人工皮革のランドセルと牛革を比較しても、重さは約200g程度しか変わりません。軽さを重視するあまり耐久性が弱くなってしまうと、6年間ずっと使うことができませんね。

それよりも、耐久性を重視して、弱い部分に工夫が施されているランドセルの方が実用的です。種類によってどんな補強がされているかを、ネットの公式サイトなどでチェックしてから選ぶようにしましょう。

万が一壊れてしまった時でも修理してもらえるように、保証の付いたタイプだとさらに安心ですね。

背負いやすさに目を向ける

実際のランドセルの重量が軽いかどうかよりも、背負った時に軽く感じられるかの方が重要です。背中からランドセルが浮いたりせずに、きちんと密着しているタイプがおすすめですね。

背中とランドセルが密着していればしているほど、重さを感じにくくなります。そんな背中へのフィット感は肩ベルトでも調節できます。

子供が大きくなった時に背負いやすいかどうかも考えて、肩ベルトが調節できるタイプがおすすめです。